こんにちは!愛知県名古屋市に拠点を構え、基礎工事や外構工事、左官仕上げ工事などに取り組んでいる株式会社増山工務店です。
基礎は、コンクリートと鉄筋でできており、長期間使用可能です。
しかし、当然ながら基礎には寿命があるため、寿命を高めることを意識して施工することが重要といえます。
そこで今回は、基礎の寿命を高めるためのポイントをご紹介いたします。
基礎工事にご興味がある方の参考になれば幸いです。

鉄筋が重要


住宅の基礎は、コンクリートと鉄筋でできています。
コンクリートの強度を、鉄筋を埋め込むことで高めたり、耐震性を高めたりしているのです。
そして、コンクリートも鉄筋も耐久性に優れた素材であり、コンクリートは長期間保つ素材といわれています。
しかし、鉄筋が錆びてしまうと、内部からコンクリートを破壊する危険性があります。
錆びにより鉄筋の形状が変わって、コンクリートにヒビを作ったり壊したりしてしまうのです。
コンクリートと鉄筋は合わさると強力ですが、鉄筋の錆びに気をつけなければ基礎の寿命を縮める恐れがあります。
そのため、鉄筋の錆びを防ぐ方法を考えることが重要です。

鉄筋のサビを防ぐコツ

上記のように、鉄筋が錆びればコンクリートを壊す恐れがあるため、基礎の施工を行う際には鉄筋を錆びから守ることが必要です。
基礎内部の鉄筋が錆びるのは、施工当初はアルカリ性だったコンクリートが、中性に変化してしまうことが影響しています。
コンクリートの性質の変化は、雨水などを吸収することが原因です。
そのため、コンクリートの性質が変化しない施工をすると効果的です。
施工のコツは3つあります。
1つ目は、コンクリートの厚みを増すことです。
コンクリートの表面と鉄筋の距離が開けば、コンクリート表面の性質が中性化しても影響を受けにくくできます。
2つ目は、コンクリートの密度を高めることが効果的です。
コンクリートは水とセメントを混ぜてつくられますが、セメントの比率が高いほど密度も高められます。
そして3つ目は、基礎の表面をしっかりコーティングすることです。
コンクリートを塗装で保護すれば、内部に雨水が入り込まずに済むため、コンクリートが中性化するのを抑えることができます。

【求人】増山工務店では新規スタッフを募集中!


株式会社増山工務店では、基礎工事などに対応する新規スタッフを募集中です。
ベタ基礎や布基礎などの基礎工事にもさまざまな工法があるため、現場経験を通じていろいろなスキルを身につけることができます。
また、株式会社増山工務店では、資格取得支援制度を実施しています。
会社全額負担で資格を取得できるため、ステップアップしやすい環境です。
安定した労働環境で基礎工事や外構工事に取り組みたい方は、ぜひご応募ください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


株式会社増山工務店
〒458-0817 愛知県名古屋市緑区諸の木3-2313
TEL:052-876-8828  FAX:052-876-8963
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする