こんにちは!愛知県名古屋市にて、住宅基礎工事を中心に、外構工事や左官仕上げ工事などに取り組んでいる株式会社増山工務店です。
弊社の求人にご興味がある方の中には、基礎工事に関する知識を身につけておきたいと考える方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、基礎工事の工法の一つである「SRC基礎」の特徴についてご紹介いたします。

SRC基礎とは


SRC基礎は蓄熱床工法ともいい、完全密封の構造でつくられる基礎です。
基礎コンクリートの上に、直に柱と床を組みあげてつくります。
床下を砂利層とコンクリートで満たす構造のため、床下に空間が生じないのが特徴です。
また、ベタ基礎を逆さにしたような基礎であることから、逆ベタ基礎とも呼ばれています。
ベタ基礎と比較するとコストがかからないため、ローコストでご提供したい場合に最適といえる工法です。
ただし、床下空間がない関係上、潜って修繕したり点検したりするのが難しくなります。
メンテナンス性が低くなってしまうため、お客様にはリスクを伝えることも重要です。

湿気に強い

SRC基礎の特徴として湿気に強いことが挙げられます。
湿気に強い理由は、完全密封構造により外部から侵入する湿気を完全にシャットアウトするためです。
さらに、地中から上昇してくる湿気も砂利層で止められるため、床下の湿度が上昇しません。
砂利層では空気の移動が起こらず上昇もしないため、住宅内に湿気が侵入しづらい構造になっています。
また、床下はコンクリートと砂利層で埋め、木材を使用しません。
木材を使用していたり、湿気があったりするとシロアリが発生しやすくなりますが、その要素がないため、シロアリ被害を抑えられます。

耐久性に優れている

SRC基礎は、耐久性に優れていることも特徴的な要素です。
このSRC基礎のコンクリートには、フラットジグが埋め込まれていることにより、剛性が高くなっています。
また、床下の砂利層が振動を吸収して分散させるので、住宅の上部まで揺れが伝わりにくいです。
従来の基礎であれば地震などの揺れで住宅の上部も大きく揺れていましたが、SRC基礎なら重心が安定するため、大きな揺れを感じずに済みます。
耐震性を高めるなら最適な工法であるため、施工する際の知識として覚えておきましょう。

【求人】増山工務店では新規スタッフを募集中!


株式会社増山工務店では、基礎工事に取り組む新規スタッフの募集を行っております。
基礎は10年以上もの長期間で、住宅を支え続ける重要な存在です。
SRC基礎やベタ基礎工事など、幅広い工法から土地や建物のタイプに合わせた方法で建てていきます。
基礎工事に関わってみたいという方は、株式会社増山工務店にご応募ください。
経験を問わずご応募頂けるので、ぜひご連絡ください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


株式会社増山工務店
〒458-0817 愛知県名古屋市緑区諸の木3-2313
TEL:052-876-8828  FAX:052-876-8963
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする