こんにちは!愛知県名古屋市にて、基礎工事や外構工事、左官仕上げ工事などに取り組んでいる株式会社増山工務店です。
基礎工事にご興味がある方は、各工事について知識を身につけておきたいのではないでしょうか。
そこで今回は、基礎工事に伴う土木工事についてお伝えします。
基礎工事会社で働く前に、知識を身につけておきたい!という方の参考になれば幸いです。

砕石地業


地業とは、建築物の基礎が支えられる状態にするために地面を加工する作業です。
地面に砕石を置くことで、コンクリートを流し込んでも沈下しなくなるため、基礎を建てられるようになります。
また、地盤の状態によっては不同沈下を防ぐために、割栗地業を行って荷重が均等に伝わるようにしますが、その必要がなければ砕石地業で対応するのが一般的です。
砕石には、再生クラッシャランといってコンクリートを砕いたものや、岩石を砕いたものが用いられます。
割栗地業で使われる割栗石は岩石を砕いたものですが、100~200mmなどの大径のものです。

捨てコンクリート工事

捨てコンクリート工事とは、基礎の接地面をなめらかにするための工事です。
建物の強度には影響せず、基礎本体には使われないため、捨てコンクリートと呼ばれています。
基礎の形状や位置などを決める墨だしをスムーズにするという役割があり、重要性は変わりません。
捨てコンクリート工事は、上述の砕石地業を行った後に地盤の強度を高めてから行われます。
しかし、地盤が良質な場合は地業を行わず、捨てコンクリート工事が直接行われるケースもあります。

丈夫な基礎をつくるために欠かせない

砕石地業や捨てコンクリート工事は、丈夫な基礎をつくるために欠かせない工事です。
例えば、砕石地業を省略して基礎を建ててしまえば、地盤沈下が起こりやすくなります。
その場合、住宅が地震に弱くなるため、耐久性を損なう恐れもあるのです。
また、捨てコンクリート工事は基礎に使われる鉄筋を錆びから守る役割もあると考えられています。
捨てコンクリートがあることで、地面の水分が鉄筋に触れないため、錆びにくくすることができるのです。

【求人】増山工務店では新規スタッフを募集中!


株式会社増山工務店では、基礎工事や外構工事でご活躍頂ける新規スタッフを募集しております。
弊社では、掘削工事などの基礎工事に伴って発生する土木工事に取り組めるため、さまざまな施工を経験できる環境です。
現場は、戸建て住宅のほかに商業施設など幅広く経験できます。
共に働く社員たちは気さくな人ばかりなので、協力して施工に取り組み、大きな達成感を感じることができます。
充実した環境でやりがいのある工事に取り組みたい方は、ぜひご応募ください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


株式会社増山工務店
〒458-0817 愛知県名古屋市緑区諸の木3-2313
TEL:052-876-8828  FAX:052-876-8963
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする